電話応募OK!TEL受付時間: 9:00~19:00(土日祝10:00~)
0120-503-359

バイトがうまくいかない!人間関係や失敗で悩んでいる人へのアドバイス

「新しくバイト先が見つかっても、人間関係が辛くてうまくいかない」
「失敗続きで、バイトへいくのが辛い」

バイト先でうまく馴染めない悩みは、当事者にとっては深刻なものです。先輩や同僚が上手に働いていたりすると、バイトがうまくいかないのは自分だけなのでは?と考えてしまいたくなるかもしれません。

ここでは、バイトがうまくいかないときに参考にしたいアドバイスや、悩みの解決法についてご紹介します。

■バイトがうまくいかない……そんな経験はだれでもある

バイトがうまくいかないという悩みは、珍しいものではありません。状況は違っても、誰しもが抱える可能性のあるものです。

◇バイト先で失敗続き……萎縮して仕事が怖い

間違いや失敗が重なると、自分を責めてしまい「次も失敗したらどうしよう」という気持ちになりますよね。萎縮して何か行動を起こすのが怖くなり、余計に失敗を重ねてしまうこともあるでしょう。

◇人間関係が苦痛……バイト先に行くのが辛い

バイト先の人間関係がうまくいかずに、悩みを抱えてしまうこともあるでしょう。仕事がうまくできないことで人間関係も悪くなってしまう場合と、仕事はしっかりできるが人間関係で悩む場合があります。

仕事がうまくできないことで人間関係も悪くなってしまう場合、仕事に慣れて失敗が少なくなるとともに人間関係が改善されるケースもありますが、仕事はしっかりできるが人間関係で悩む場合、仕事以外の部分に問題があるため、どう対策を取ればいいのかわからなくなることも多いのです。

■バイトが辛いときに試したいこと

バイトが辛くて悩んでいるときには、以下の方法を試してみましょう。

◇失敗ではなくうまくできている部分にフォーカスする

失敗して怒られたり、周囲に迷惑をかけたりすると、失敗や間違いばかりに気持ちが集中してしまい、自分を責めてしまいがちです。それが悩みを大きくしてしまう原因になります。

失敗した部分と成功した部分を比較して、成功した部分については自分自身で評価してあげることも大切です。うまくできている部分にフォーカスできれば、必要以上に自信をなくすことも少なくなっていきます。

あなたが「常識的なこと」「誰でも簡単にできること」だと思っていることが他の人にとっては「知らない」「するのが難しい」、ということは自分が思っている以上にあるかもしれません。あなたの些細な失敗を責めるバイトの上司や先輩より、あなたの方がうまくできることが実はいくつもあるのではないでしょうか。

◇仕事ができなくても、ミスで怒られても、自分の価値は変わらない

失敗を反省し、次回の改善につなげること自体は良いのですが、萎縮したり怖がったりする必要はありません。失敗しても仕事ができなくても、それだけで自分の価値が変わることはないからです。

人の価値は、仕事ができる・できないで決まるものではありません。失敗したから価値が下がる、もしくは仕事ができるから価値が上がる、といったことではないのです。人の価値は本来、どんな状況でも常に100%の状態です。仕事上のミスや叱責といった外部の要因に左右されるものではありません。

ひとつの職場の中での仕事ができる・できないといった評価はあくまで世の中に無限にある価値観の定規のひとつでしかありません。たまたま自分にとって高い評価を受けづらい定規で測られているだけかもしれません。

◇冷静になれたら、一度仕事のやり方を見直してみる

必要以上に自分を責めたり、落ち込んだりする気持ちが回復したら、冷静に仕事のやり方について見つめ直してみましょう。アドバイスされていたのに忘れていた、萎縮して普段の力が出せなかった、といった失敗の理由が見えてくれば「メモを取る」「心を落ち着かせる」「もう1度チェックし直してみる」などの対処法も見つかります。

◇人間関係改善のコツは「相手への気遣いや感謝」の姿勢

仕事に問題はなく、人間関係だけで悩んでいる場合も、どこに問題があるかを客観的に考える必要があります。

  • 何かしてもらったときに感謝の言葉を伝えていたか
  • 周囲の仕事が増えないようにと配慮していたか
  • 忙しそうにしている人を手伝っていたか

このような気遣いができていたかを考えてみましょう。配慮ができているにもかかわらず人間関係が改善しないのなら、自分ではどうにもできない問題が隠れている可能性があるかもしれません。

■もっと自分に向いているバイトが他にあるかもしれない

落ち着いた状態で冷静に仕事や人間関係を見つめ直し、それでもバイトがうまくいかないと感じるなら、別の仕事を探すという選択肢を持つことで気持ちが楽になる場合があります。

◇そのバイトに執着する必要は本当にあるのか?

「この仕事を辞めたら他に行くところがない」「逃げ出したと思われたくない」「せっかく見つけたバイトなのに」と思うあまりに、自分に向いていない環境で消耗してしまうのはもったいないことです。本当にそのバイトしか選択肢がないのか、1つのバイトに執着する必要があるのか、1度考えてみましょう。

◇世の中にはもっと自分に合ったバイトがあるかもしれない

いまのバイト先だけが全てではありません。アルバイトの求人は他にもたくさんあります。周りを見渡してみれば、自分のライフスタイルや性格に合致したアルバイトがたくさんあることに気付くはずです。

「一度始めたバイトだから…」といって、苦しい環境に身を置く必要が本当にあるのでしょうか?それで成長できる可能性があることも否定はできませんが、心身の健康を害してしまっては元も子もありません。

あなたのことを本当に必要としている職場が他にあるはずです。

◇世間体やプライドではなく、自分の性格や能力にマッチした仕事を選ぼう

「家族に迷惑をかけたくない」「友人にバカにされたくない」といった気持ちから、自分の特性にマッチしないバイトを続けて悩みを大きくすることが、必ずしも幸せであるとは限りません。世間体やプライドはひとまず横に置いて、自分の性格や能力にマッチした仕事を選んでみてはいかがでしょうか?

■まとめ

いまのバイトが本当に辛くてうまくいかないなら、辞めるという選択肢もあります。働きやすさでバイト先を選ぶのは悪いことではありません。あなたにとって働きやすいバイト先は他にもたくさんあります。

SGフィルダーには、ご紹介できる仕事がたくさんあります!もしもひとつの職場でうまくいかなかった場合も、何回でも別の仕事場をご紹介します。あなたにマッチしたバイト先がきっと見つかるはずです。

専任のアドバイザーにあなたにぴったりのお仕事を紹介してもらえる、SGフィルダーの登録説明会の予約はこちらです!

© 2019 SG fielder Co.,Ltd. All Rights Reserved.