電話応募OK!TEL受付時間: 9:00~19:00(土日祝10:00~)
0120-503-359

ピッキングとは?倉庫のピッキング作業のバイトの仕事内容を解説

ピッキングと聞くと、どんな仕事を思い浮かべますか?ちなみに、鍵を開ける仕事ではないですよ!

倉庫バイトのうち、ピッキングは後の作業(検品、仕分け、梱包)につながる大切な仕事です。倉庫バイト・軽作業で働きたいと考えている方は、この機会にピッキングについての知識を深めていきましょう。

 

ここではピッキングの仕事内容や魅力をわかりやすくご紹介します!

 

■ピッキングとは

ピッキングとは、必要な品物を集める(ピックアップする)仕事のことです。ピッキングスタッフは倉庫内の品物を出荷するために欠かせない役割を持つため、あらゆるジャンルの倉庫に配置されています。

 

◇倉庫内で指定された商品を集める仕事

あらかじめ渡されたリストや注文書をもとに指定の品物を集め、まとめたものを検品担当者や梱包担当者へと受け流していくのが主な仕事です。倉庫規模が大きいほど、保管されている品物の種類や数も膨大です。

 

◇シングルピッキング(摘み取り)とトータルピッキング(種まき)の2種類がある

ピッキングには2つの方法があり、倉庫によって採用される方法も異なります。

シングルピッキングとは、受注ごと(1梱包ごと)に品物を集めてくる方法です。同時に梱包される品物がまとまっているため梱包担当者へ流しやすく、摘み取り方式とも呼ばれています。

トータルピッキングとは、複数の受注を合算して、品物の種類ごとに必要な数だけ集めてくる方式をいいます。集められた品物は注文書などに応じて必要な数を配分していくため、種まき方式とも呼ばれています。この配分(種まき)はソーターと呼ばれるお皿がついたベルトコンベアのような機械を使って行ったり、改めて手作業で仕分ける場合もあります。

◇ピッキングの具体的な作業イメージ

単に「ピッキング」という場合はシングルピッキングを行う場合が多いですが、取り扱う品物や品数の多さによってはシングルピッキングとトータルピッキングを併用する場合もあるでしょう。また、シングルピッキングでピッキングカートを用いる方法をマルチピッキングと呼ぶこともあります。

具体的には、食品、衣料品、日用雑貨、電化製品などサイズも重さもバラバラの品物を集め、カゴにまとめたり、ベルトコンベアに流したりするのが基本の業務です。

扱う品物は倉庫によって異なりますが、たとえば通信販売会社の倉庫などで不特定多数の商品が保管されている場合、取り扱う品物のジャンルも多いことが予想されるでしょう。反対に、衣料メーカーの倉庫などなら、取り扱うのは衣料品のみとなります。

■ピッキング作業の魅力

ピッキング作業には次のような魅力があります。

 

◇高度なスキルは不要!未経験でも安心して働ける

気軽に応募できるアルバイトを探しているならピッキング作業はおすすめのバイトです。特別な資格やスキル、経験は問われないため、未経験の方でも安心して働けます。

 

◇運動不足解消になる

倉庫内を往復して品物を運ぶピッキング担当者は、仕事を通して体を動かすことができます。倉庫の規模によって移動範囲は異なりますが、日ごろあまり運動していない方は運動不足解消になるはず!

 

◇週3日からなど、シフトが柔軟に組める

週1日~、週3日~、勤務時間相談OKなど、ピッキングのアルバイトはシフトを柔軟に組める場合が多くなっています。最低出勤日数は勤務先によって異なるため、ご自身の都合に合った勤務先を選びましょう。

 

◇夜勤帯の高時給のアルバイト募集も多い

より多く稼ぎたいという方は、夜勤帯のアルバイトを検討してみるという方法もあります。ジョブプラスでは夜勤のピッキングバイト(時給1,000円~1,625円)も掲載しているため、夜勤経験のある方、夜型の方におすすめです!

 

◇日払い可の求人も比較的多い

ピッキングバイトは日払い可、週払い可の求人が多い点も魅力のひとつです。急な出費に悩んでいる方、近いうちに大きな出費があるという方は、短期間勤務も可能なピッキング作業で日払い制度、週払い制度を利用しましょう。

 

■ピッキング作業のつらい部分は?

ピッキング作業ならではの大変なポイントには、どのようなことがあるのでしょうか?

 

◇スピードと正確性の2つを要求されるプレッシャー

ピッキング作業は次の工程にもつながるため、効率良く正確に仕事を進めていかなければいけません。とはいってもノルマはない場合がほとんどのため、初めのうちはご自身のペースに合わせて働けるでしょう。慣れてくると「より早くピッキングするには」「より正確にピッキングするには」という目的意識を持って仕事を楽しめるかもしれません!

 

◇重い品物を運ぶこともあるので体力が必要なケースも

電化製品や飲料など、取り扱う品物によっては重量があります。一つひとつが軽くても、トータルピッキングでは重たくなる場合もあり、棚やテーブルでの上げ下げでは体力が必要です。ただ、一人で運ぶのが困難な重さの品物については、台車やカートを使用するため安心してください。

 

ピッキング作業について詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみましょう!

倉庫のピッキング作業のバイトはきつい?難しい?

 

■ピッキング作業に最低限求められることは?

◇ミスなく商品を集められること

ピッキングでは1日を通してミスを出さないだけの正確性が何より大切です。渡されたリストや現場リーダーの指示をきちんと理解し、ピッキング時の確認作業を怠らないことが大切です。

 

◇周りのメンバーとの最低限のコミュニケーションは必須

ピッキング作業は一人で集中して作業する時間が多い業務です。しかし、時には梱包スタッフや仕分けスタッフと連携を図ったり、リーダーに指示を仰ぐこともあるでしょう。いざとなった時に一人で悩まないためにも、最低限のコミュニケーション力とマナーが欠かせません。

 

ピッキング作業を極めたい!という人は、こちらの記事も参考にしてみましょう。

倉庫内のピッキング作業のコツ:効率化とミスをなくす方法とは?

 

■まとめ

ピッキングバイトは物流において欠かせない存在として需要も高く、求人募集は多く掲載されています。特別なスキルが不要で未経験でも問題なく応募できるため、ご自身の希望に合ったピッキング作業があれば、ぜひこの機会にご応募ください!

 

© 2019 SG fielder Co.,Ltd. All Rights Reserved.